【携帯電話】昔は090じゃなく010だったって知ってる?

今や欠かせないアイテムとなっている携帯電話。
携帯電話の番号といえば、たいてい「090」か「080」か「070」が当たり前になっていますよね。
そして番号が足りなくなった時のために「060」で始まる番号も既に用意されているようです。
この携帯電話の番号、昔は「010」から始まるのが主流だったのをご存知でしょうか?

 

昔は10桁だった携帯電話の番号

現在の携帯電話の番号は「090-XXXX-XXXX」と11桁となっていますが、昔は「010-XXX-XXXX」と1桁少ない10桁の番号でした。

しかし携帯電話が普及していき、個人も広く携帯電話も持つようになってくると、だんだんと割り当てる番号の数が足りなくなってしまったのです。

そこで割り当てる番号を増やすために、1999年1月1日から携帯電話の局番を090にし、全体を11桁に増やしたのでした。

当時は「携帯電話の桁数が増える」というテレビコマーシャルも頻繁に流れていて、特に混乱も起きなかったようですが、今のお父さんお母さん世代の方々は、携帯電話の番号が途中で変わるという不思議な体験をされています。

他に使われる可能性のある番号は?

今後も増えていくであろう携帯電話。
お1人で2台持っているという方もいて、番号はますます足りなくなっていくでしょう。

かといってやみくもに番号を増やして勝手に割り当てられるかというと、そうでもなく、ちゃんと法律で電話番号の用途は決まっているのです。

以下は電話番号の種類と用途です。

010…国際電話を掛けるときの局番(プリフィクス)
020…以前はポケベル、現在はIoTの番号
030…未使用
040…未使用
050…IP電話
060…時期携帯番号(予定)
070…携帯電話及びPHP
080…携帯電話
090…携帯電話

今後もさらに携帯電話が増え続け、「060」の番号が枯渇した場合は、030か040が使われる事になるかも知れません。(だいぶ先の話でしょうけど)

コメント

タイトルとURLをコピーしました